トレンド101b

日常生活に役立つ情報を発信!

全国への普及が望まれる「歩車分離式信号機」の効果が凄すぎた

   


この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を基に作成しています。

■信号のある交差点での事故として多いのが「左折時の巻き込み事故」

車の左折や右折時に子どもが巻き込まれ、死亡する事故が頻発しています。歩行者信号が青にもかかわらず、事故にあってしまうケースがほとんど

2015年中に起きた信号のある交差点での左折事故は、右折事故の半数以下ですが、それでも1年間に1万246件発生

交差点で誰も事故を起こさなくなれば、交通事故が半分になる

■これらを含め、交差点での事故防止に役立つとされているのが「歩車分離信号」

一般的な交差点では、クルマと歩行者の信号表示切り替えが同時に行われるため、両者の動きが交わる

青信号である以上、歩行者としては右折、左折してくる車を信頼し、人とも交差する中を縫って横断しなければならない

歩車分離式信号とは、車両の通過と歩行者の横断が交わらないように、両者の青信号のタイミングを分離している信号機のことです。歩行者が横断中に車両が横切らないように信号を制御するため、交差点の事故を減少させる

■歩車分離式信号とはどのような信号なのか?

歩車分離式信号機(ほしゃぶんりしきしんごうき)とは、交差点において車両と歩行者が交錯することがなくなる、または少なくなる信号表示を行う制御方法

歩行者横断中にクルマが横切らないように信号を制御するため、交差点の事故を減少させる効果がある

渋谷スクランブル交差点(しぶやスクランブルこうさてん)は、渋谷駅の北西隣にあるスクランブル交差点

最も有名な歩車分離式信号がある交差点といえば渋谷のスクランブル交差点です。

■事故率を下げるということが分かっている

全国で100箇所の交差点を抽出してモデル運用を実施した結果、交通人身事故の発生件数が約4割減少し、そのうち人対車両の事故は約7割も減少

交差点での事故を抑制や右左折車両がスムーズに通行できるなど、歩車分離式信号にはいろいろなメリットがある

歩行者とクルマが交錯しないので、巻き込み事故などの防止に効果があるほか、クルマも横断歩道の前で停まる必要がありませんので、通行の円滑化が図れる

■地域住民も賛成しているという

警察署協議会等により地域住民から意見を伺ったところ、7割以上の方が導入に賛成という結果を得た

@YahooNewsTopics 歩車分離式の信号は小学校、中学校、高校のすぐ近くで歩行者が多い歩道に採用してほしいですね。歩行者、自転車と車の衝突事故が減るなら賛成です。駅前の歩行者が多い信号はスクランブル交差点にして歩車分離式に切り替えてほしいですね。車も渋滞が減るので助かります

歩車分離の信号交差点が増えてきた。新しい事に否定的な私ですが、この度は賛成。
私が右左折車なら横断歩道を歩く不揃いの足並みに苛々しない、ピラーの死角に人が入り込むことが減る、私が外出同行中なら利用者さんに集中できる等、真っ先に良いと感じた点です。

最寄駅の駅前の交差点が最近歩車分離に変わったばかり。歩行者視点で言うと、待ち時間が気になるし、ドライバー視点で言うと、横断歩道への注意が少し軽減されるので安全面で◎。どっちもどっちだけど、基本的には賛成。 twitter.com/YahooNewsTopic…

歩車分離信号は結構だけれども,一番危険な自転車を歩行者扱いにするのは賛成できない。

乗らないで押す形に統一して欲しいですね。

■このように順風が吹いている歩車分離信号だが、注意点もある

(歩車分離式信号)では、自車が車両用信号の青にしたがって左折する場合、歩行者用信号は赤なのに、つられて渡り始める歩行者がいる

 - 未分類

育毛・発毛剤